海老名M様邸/地鎮祭

 

こんにちは!

本日、2020.2.2(日)

海老名市でM様邸の地鎮祭です!

 

 

午前7:00、海老名に向かっている野崎です。

海老名は広大な山々と富士山がとっても

キレイに見える素敵な所!

日本人は、富士山をみるとテンションがあがりますよね~!

さすがパワースポット!!

 

 

 

さてさて野崎、1番乗りで到着しましたyo!

こちらは閑静な住宅地にあり、

子育てにも良さそうです!

 

 

続いて、弊社社長の塩田と神主さんが到着。

みんなで準備します!

 

 

野崎、神主さんから地鎮祭の歴史やありがたいお話、

説明を聞ながら、地鎮祭の準備に取り掛かります。

 

 

この作業、結構難しい。。。

 

 

そんな野崎を神主さんは心配してくださり、

お手伝いのつもりが逆に邪魔…?

 

 

いやいや、野崎コツをつかんだので10分位で準備完了!

お供え物は↓のような感じです。

これから地鎮祭をご検討の方はご参考までに。

 

 

お酒

 

 

畑のもの

 

 

米・塩・お神酒

 

 

果物

 

 

海のもの

 

 

お餅

 

 

パパスの社員小林とお施主様も到着し、

いよいよ地鎮祭の始まりです。

(ご主人は顔出しNG!(*/ω\*)★)

 

 

お天気にも恵まれ、最高の家づくりがスタート!

 

 

「祝詞奏上」(のりとそうじょう)

 

神様へこの土地に建物を建てることを告げ、

以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上。

 

 

抱っこしているお子さんが起きちゃうので

パパは立って参加。

 

 

「切麻散米」(きりぬささんまい)

 

写真ですと分かりにくいですが、

紙を細かく切った物と、麻を細かく切った

切麻(きりぬさ)にお米と塩を混ぜたものを

四方にまきます。

 

 

四方をお祓いし、祓い清める…という意味と

四方に鎮まります神様にお供えをするといった

両方の意味があるようです。

 

 

「匠始ノ儀式」(たくみはじめのぎしき)

 

神様に工事の開始を奉告し、

お施主様と施工者が工事の安全祈願をします。

 

 

お子さんもパパと一緒に参加できました(^^)

 

 

続いて弊社社長の塩田も祈願。

 

 

「玉串奉奠」(たまぐしほうてん)

 

神主さんから玉串をいただき祭壇にお供えします。

その後、二拝二拍手一拝を行って祭壇を出ます。

 

 

弊社もお供えしました!

 

 

 

「直会」(なおらい)

 

式が終わり、神主さんがお神酒を注いでくれます。

「おめでとうございます」

全員で乾杯です。

 

 

みんなで記念撮影!

 

M様、おめでとうございます!

お引渡しまで、

どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright © 2012 PAPAS HOME Inc., All Rights Reserved.