逗子K様邸

 

 

鎮物、しっかり埋めました(^^)

 

 

建物の基本となる”捨てコン”という作業で

周りにコンクリートを流します。

 

捨コンとは

・建物の高さの基準とするもの
・位置確定のための墨出しの下地
・型枠・配筋が載る下地

 

 

 

着々と進んでおります!

 

 

次に配筋という作業。

 

配筋とは

 

鉄筋を配置すること、鉄筋を組み立てることです。

配筋は、各部材ごとに配置する鉄筋の種類や、組み方が違います。

色々なものが自動化された現代でも、鉄筋は人間が組み立てます。建物ができあがって、鉄筋が1本でも間違えると大変なので、検査もあります!

 

 

配筋検査も無事終わったので、

次は建物の型枠に生コンクリートを流し込む、打設作業です!

コンクリートはただ型枠に流し込んでいるのではなく、打ち込む際にバイブレータという機械を用いて、振動を与えています。

これにより余分な水分や空気を外に出し、隅々までコンクリートが行き渡るように締め固めを行っているんですね〜〜

 

ケーキ作りみたいですね(^^)♪

 

それでは、また次回。

 

 


Copyright © 2012 PAPAS HOME Inc., All Rights Reserved.