鵠沼松が岡の家

_MG_3887.jpg
  • _MG_3979.jpg
  • _MG_3975.jpg
  • _MG_3974.jpg
  • _MG_3952.jpg
  • _MG_3904.jpg

家づくりを大手ハウスビルダーに頼もうと考えていたS様ご夫妻が、

私たちパパスホームへ来られたのは、「決められたプランの中から選ぶのではなく、

もっと好きに作りたい!」と思ってのことだったと言います。

目指したのはイタリアのサントリーニ島にあるような白い家。

おふたりのイメージに合わせて壁は珪藻土やホタテ、床は無垢のバーチ材を使用し、

光や風の通り道を作って開放感の高い住まいに仕上げました。

リビングとダイニングはくつろぎ感を高めるため、あえて分離していますが、

キッチンに立つ奥様からダイニング越しにウッドデッキ、リビングまで見渡せるようになっています。

明るく風通しがよく、夏でもクーラーいらずだそう。

「食べて、寝て・・・といった『住む』場所ではなく、みんなで楽しく『暮らす』場所になった」というS様。

使い込んでいくことでさらに味わいが増す住まいに家族の歴史を刻んでいくことでしょう。

 

 

 

 

 

あきる野の家 GALLERY 茅ヶ崎の家
PAGETOP