トップ 矢印 CONCEPT 矢印 家づくりコンセプト

家づくりコンセプト

PAPAS HOMEは太陽と風の街、湘南で育まれました。
本当に気持ちの良い暮らしを送るための様々なアイデアは、この地から得た大切なもの。
私達は、その大切なものをひとつひとつ、それぞれの家づくりに生かしたいと思います。
太陽と風が似合う、オリジナルな家のために。

家をつくるということ(基本の設計)

自分の家をつくる。それは誰にとっても大きな夢の実現であるはずです。
数限りない様々な家の見本を見て、吟味し、自分の家づくりに一番ふさわしい、その結果として
PAPAS HOMEを選んでいただけたのだとしたら、私達にとって、こんなに嬉しいことはありません。
私達は家づくりのプロです。構造のことや建材のこと、それらに詳しいのは当たり前です。
でも、お客様がどんな暮らし方を望んでいるか、どんなことを一番大切にしているか、
それはお会いしただけでは分からないこと。
だから、たくさんの話し合いの時間を持つことを大切にしたいと考えています。
暮らしのなかのこだわりは人それぞれ、全く同じであることはなく、それによって家に対する快適さ
もそれぞれに異なります。
その違いをきちんと把握することが、設計の第一歩。お客様にとって最適であること、それが
PAPAS HOMEの家がオリジナルであることに繋がっています。
PAPAS HOMEらしさは、言い換えれば、お客様のオリジナルを形にすること。
プロとしての設計は、そのことに力を貸し、より良い形に導くナビゲートだと考えています。
だから私達の仕事は、いつでも新鮮な驚きに溢れています。

建材のお話

家づくりで重要なのは、どんな素材で作られているか、ということだと思います。
それは料理と同じ、どんな素材で作るかによって、味はもとより体にとっての安全性も変わってきます。
建材の善し悪しは、建築上のデザインと違って、素人には分かりづらい部分でもあります。
だからこそ、その部分にこだわりたい。これも私達のポリシーのひとつです。
見た目がどんなに素敵でも、住む人にとって快適でないものは住宅と呼べません。
家族にとって、そして一緒に暮らすペットたちにとっても安心して暮らせること。
それが何より一番大切です。
例えば、電気やガスなどのエネルギーに頼る家づくりをしないのも、その考えに基づきます。
きちんとした断熱材を使用すれば、関東圏での冬に床暖房は必要ないと考えます。
そして今問題になっているハウスシックについても同じ、安全な建材を選び使用することで
簡単にクリアできる問題です。
PAPAS HOMEでは科学物質を発生させる建材や接着剤などは、元々使用していません。
また、ペットと一緒に暮らすなら、傷が気にならない材木を選ぶ。
つまり、傷をつけられても、それが味になるものを選べばいい、という考え方。
それぞれの暮らしに合わせて、使う素材を選ぶ。この部分こそ私達プロの、腕の見せどころかもしれません。

職人達のこだわり

家を実際に作り上げていくのは、設計士ではなく大工さんや左官屋さん。
設計図に描かれていることを、五感で理解することが必要な職人という仕事。
そのことに誇りを持っている人々によって、PAPAS HOMEの家はつくられています。
大工の宇佐美さんは30年のキャリアを持つベテラン、
職人さん独特の口べたなタイプですが、お客様とのコミュニケーションを
大切にしたい、と語ります。それは、設計図には描かれていない部分
を職人のカンで理解するため。お客様が望んでいることをきちんと理解
した上で、家を建てていきたい。それが丁寧な仕事だと考えています。
だから、もっとお客様に現場に足を運んで欲しい、とも語っていました。
PAPAS HOMEの特徴のひとつでもある珪藻土の壁、この壁を塗っている
のが左官屋さんの円谷さん。アレルギーになる物質を含まないことや、
壁そのものが呼吸して湿気を逃がしてくれるなど、珪藻土には他の壁材にはない
魅力があります。この珪藻土の扱いを熟知している円谷さんだからこそ表現できる、
独特の表情を持つ壁。微妙なうねりを表現するのは、平らに塗ることができて
から、それを崩すことでできる高度な技が隠されています。

バリアフリーという考え方

本来家づくりとは、どうあるべきなのか。
そのひとつの答えは、どんな人にとっても暮らしやすい建物であること、
だと思います。体が自由な人も、不自由を抱えている人も、同じように
暮らせること。それは、どんな場合であっても絶対に正しい。
だから私達は、これから極力このことをテーマにした家づくりを考えたいと
思っています。
今は健康でピンピンしているけれど、長い年月がたてば、もしかしたら
車椅子を使った生活をしているかもしれない。それは誰にでもあり得ること。
そんな事を考えながら暮らすのは嫌だと思う方もいるでしょう。
そのときになったら考えればいい、と言う方もいます。それも間違いではないと思います。
家づくりは、つくりたいと思う人が、つくりたいようにつくることが一番です。
でも、家は長く付き合う高額の商品。私達には、それに対する責任があります。
例えば30年後、階段をスロープにしたら楽だな、とか、キッチンのシンクをもう少し低くすれば使い
やすい、など、年を重ねることで生まれる欲求も当然あるはずです。
そのときに私達が、きちんとした対応が取れること。それを大切にしていきたいと考えています。
PAPAS HOMEでは、現在、家づくりの段階からこのバリアフリーという考え方を取り入れることも
始めています。また、他の会社の建物であっても、この考え方で、改めて家づくりをし直すことが
できるように、新たにリフォーム部門も立ち上げました。

PAPAS-HOME
施主ナビ
お問い合わせ/資料請求
facebookページ
PAPASインテリア
PAPASと一緒に土地探し
PAPASブログ
PAGETOP